障害者の仕事

精神障害者の方の仕事が続かない理由と解決策!おすすめの仕事は?

精神障害者の仕事が続かない理由

この記事では「精神障害者の肩が仕事が続かない理由とその解決策」というテーマで記述します。

精神障害者とは、発達障害やてんかんを含む精神に何らかの異常がある人のことを指します。

人によって症状が異なりますが、日常生活や仕事をするのに支障があるという方が多いです。そのため精神障害者は仕事が続かない傾向があります。

では、精神障害者の方は何が原因で仕事が続かないのでしょうか。

精神障害者が仕事が続かないという状況について紹介していきます。仕事を続けるポイントについても紹介しているので参考にしてください。

この記事のテーマ

  • 精神障害者の方の仕事が続かない理由
  • 仕事が続かない状況の解決策
  • 仕事探しの際にオススメしたいこと
  • おすすめの職種

 

精神障害者の方が仕事が続かない理由

精神障害者の仕事が続かない理由

精神障害者の方が仕事が続かないとされる理由は6つあります。

  • 職場に馴染めない
  • 集中力が終業時間まで続かない
  • 仕事選びに失敗している
  • 仕事中にいろいろ考えてしまう
  • 社内の設備が精神障害者に優しくない
  • 精神障害について会社の人に話していない

理由を1つずつ詳しく解説していきます。

 

職場に馴染めない

精神障害者の方に限った話ではありませんが、仕事が続かない原因は職場の雰囲気に馴染めないことです。

どの会社にもその会社独自の空気というものがあります。この空気に馴染めないと精神的に辛くなって仕事を辞めたく感じます。

会社の空気や雰囲気などは、会社に就職する前に判断したいですが、会社の空気は実際に働いてみるまでは分かりません。そのためどんなに良いとされる会社でも、会社の雰囲気に少なからずギャップを感じるでしょう。

会社が精神障害について理解を示さなかったり、本人のいないところで悪口を言っていることもあるかもしれません。そういったことからも精神障害者の方はストレスを感じて仕事が続かないことが多いです。

 

集中力が続かない

精神障害者の方の症状の一つに集中力が長続きしないというものがあります。

会社で働いているとフルタイムの場合は休憩込みでも7~8時間働くことが多いです。

しかし精神障害者は長時間集中できないので、どこかのタイミングで心身共にぐったりしてしまいます。そのため勤務時間の最後の方はミスが増えて、上司に怒られることも多いです。

また精神障害のある方は他の人よりも疲れやすい傾向があるので、通勤時間で心身共に削れます。

例えば毎日満員電車に1時間も乗車していると、それだけで相当な疲労です。仕事をする前から疲れているのに、そこから7~8時間も働くのは精神障害者にとって辛いです。

 

仕事のミスマッチ

精神障害者の方に多いのが仕事のミスマッチ(仕事が自分にあってない)で続かないというものです。

健常者の場合でも仕事のミスマッチは起きますが、仕事ができないということはないでしょう。続けてさえいれば仕事に慣れて、自分に向いていなくてもある程度は仕事ができるようになります。

しかし、精神障害のある方の場合はできることが制限されます。

健常者が当たり前にできるような仕事も能力の問題でできないので、時間が経っても仕事ができるようにならないかもしれません。その結果、精神的に辛くなって休職・退職する方も多いのが現状です。

 

あれこれ考えすぎる

精神障害者の中でも統合失調症適応障害の方に多い症状ですが、必要以上にものごとをあれこれ考えすぎる傾向があります。

例えば会社の人に変に思われているのではないか、周りの人に迷惑をかけているのではないか、と考えてしまいます。また、症状によっては家に帰ってからも、今日の自分がどうだったのかなどと考えてしまうようです。

このように必要以上に考えることで、精神的に潰れてしまい、仕事が続かないという人も多いです。

 

会社内がバリアフリー化されていない

会社がバリアフリー化されていないと障害者にとって辛いことが多いです。

健常者からすると何でもないようなことでも、障害者にとってはとても労力を使うことがあります。例えば階段の上り下りや、エレベーターの押しボタンなど。

健常者にとっては何とも感じないようなことが、障害者にとっては辛いこともあります。それが毎日のように積み重なると徐々に辛くなってきて、それが積み重なることによって仕事が続かないということです。

 

精神障害について会社に話してない

自分が精神障害を持っていることを会社に伝えていないと続かないことが多いです。

仮に精神障害を持っていることを伝えていないと、当然ですが、会社からは自分のことを健常者として扱われます。

その結果、健常者と同じレベルの作業を求められるのです。そうすると、他の人より能力が劣っているとされ、必要以上に上司に怒られるでしょう。そうするとさらにストレスや負担が増し、仕事に支障が出てしまいます。

 

精神障害者の方の仕事が続かない状況の解決策

精神障害者の仕事が続かない理由

精神障害者の仕事が続かない状況に対して、解決策を以下にまとめます。

  • 障害者枠で仕事を探す
  • 精神障害を持っていることを会社に伝える
  • ミスをしても必要以上に気にしない
  • 社員と会話をするようにする
  • 仕事の疲れをリフレッシュできる方法を探す

 

障害者枠で仕事探しをする

精神障害者には健常者と同じ一般枠と、障害者専用の障害者枠があります。

障害者枠の場合はその人が障害者を持っていることが前提条件です。そのため障害者でもできる簡単な作業をする仕事ができます。また、自分から障害を持っているから能力に制限があることを事細かに説明せずに済むので精神的にも楽です。

ただ精神障害者は一般的に給料が安くなる傾向があります。仕事内容が簡単で、勤務時間が短いため比較的給料が安いです。

障害者枠は身体的・精神的に働きやすいというメリットがありますが、給料が安いというデメリットがあるので気を付けましょう。

 

精神障害について上司に伝える

少しでも仕事を長続きさせるには精神障害を会社に伝えることがとても大切です。

先ほども紹介したように精神障害を持っていることを隠すと健常者として扱われます。精神障害を持っているのに健常者と同じ土俵で戦うことになるので圧倒的に不利です。その結果、余計に怒られたり、焦ってミスをするでしょう。

このように会社に精神障害を伝えないとデメリットが多いです。逆に面接で精神障害を伝えると、理解のある会社なら考慮をしてくれます。精神障害を伝えるのは面接で不利になるかもしれませんが、必ず面接や書類審査の段階で伝えるようにしましょう。

 

ミスをしても気にしない

精神障害者の症状の一つとして考えすぎるというものがあります。

ちょっとしたミスでも必要以上に考え込んでしまい、自分を余計に追い込んでしまうのです。そうすると精神的に追い詰められて仕事が続きません。

仕事は健常者を含め誰でもミスをするものです。そのためミスをしたからといって、その度に落ち込んでいると心が持ちません。精神障害者の場合は「ミスをしてクビなら仕方ない。もっと良い職場もあるはず」くらいの考えの方が上手く行きやすいです。

 

社員とコミュニケーションをとる

精神障害者の場合は会社に味方を作ることが仕事を長続きさせる秘訣です。

精神障害者は考えすぎてしまうので、コミュニケーションを取るのに抵抗を感じるかもしれません。しかしそのままでは、ピンチの時に誰も助けてくれなくなります。

一方、会社の人とある程度仲良くなっておくことで、困った時に助けてくれるでしょう。もしくは仕事の相談に乗ってくれるかもしれません。このように会社の人と親密になっておくとメリットがあります。仕事をしていて将来的に辛い目に遭わないためにも、今のうちに勇気を振り絞って関係を築いておきましょう。

 

リフレッシュ方法を探す

精神障害のある方は何かとストレスをためやすいです。仕事のミスを気にしたり、会社の雰囲気に悩んだりします。そうすると精神が徐々に削られてきます。そして何の対策もしないといつかは疲労で倒れるでしょう。

このようなリスクを冒さないためにも精神をリフレッシュさせるのが大切です。

例えば体を思いっきり動かしたり、趣味の時間を多めに取ると精神的に楽になるでしょう。もしリフレッシュする方法をまだ持っていないという方は、できるだけ早く自分のリフレッシュ法を探した方が良いです。

 

精神障害者の方に仕事探しでオススメしたいこと

精神障害者の仕事探し

精神障害者の方は仕事探しの時に以下の点を押さえておくことをおすすめします。

  • 精神障害の症状を把握する
  • 面接の対策をしっかりとする
  • 就職サポートセンターを利用する

 

自分の症状を正確に把握する

自分に合った仕事探しをするためにも、精神障害の症状をしっかりと抑える必要があります。

精神障害が原因で何ができないのか、どういった作業が辛いのかを明確に抑えると良いでしょう。自分の症状を理解することで、仕事探しがしやすく就職後のミスマッチも減ります。

また症状を押さえておくと会社側にとっても大きなメリットです。会社からするとどうしても障害者には気を遣ってしまいます。こちらから何ができるのか伝えてあげると会社も指示を出しやすくなるでしょう。

 

面接の練習をする

精神障害者の場合は健常者の面接と比べて注意点が多いです。

一般的に、健常者の場合は志望動機や前職の経験を聞かれるでしょう。しかし精神障害者の場合はそれプラスで障害のことについても聞かれます。その時にハッキリと面接官に伝えることができない良い印象を与えられません。

また、こちらから質問内容を考えておくのも大切です。会社側も質問があるでしょうが、精神障害者からしたら、その会社が働きやすい環境なのか気になります。

そのため面接の前に、自分が気になることをまとめて、質問があるか聞かれた時に全て聞き出しましょう。そうすると、実際に仕事を始めてもミスマッチを感じる確率が減ります。

 

就職のサポートをしてくれる施設を利用する

仕事探しは一人でもできますが、知識不足や経験不足から失敗することが多いです。特に精神障害者の場合は健常者よりも、デリケートな仕事探しが必要とされます。そのため、ハローワークや就労移行支援事業所など、就職のサポートをしてくれる施設やサービスを利用するのも一つの手段です。

就職のサポートをしてくれる施設では障害者の方、1人1人にあった仕事を紹介してくれます。

また、会社の情報についても知れるので、より理想とする仕事探しができるでしょう。

精神障害がある場合は一人だと限界があるので、基本的にはハローワークなどの就職をサポートしてくれる施設の積極利用をおすすめします。

【2020年】dodaチャレンジの評判は?リアルな口コミ・料金・特徴まとめ

今回は「dodaチャレンジ」の口コミ・評判や料金、特徴についてご紹介します。 dodaチャレンジは、障害者向けの大手求人サイトの1つで、求人数は約2,500(2020年7月現在)と業界でもトップクラス ...

続きを見る

 

精神障害者におすすめの仕事や職種

精神障害者におすすめの仕事

精神障害者に、特におすすめの仕事(職種)は以下の2つ。

  • 障害に理解のある企業
  • 在宅ワークやテレワークが許されている仕事

 

精神障害に理解のある企業

精神障害のある方にとって、会社が障害を理解してくれることが一番大切です。

一般企業の場合は障害を理解していない会社も多く、そこで働いてしまうと紹介したように苦労をします。その結果、仕事が長期的に続かないです。

一方、精神障害を理解している会社なら残業をさせない、体調が悪いと休ませてくれるという好待遇を受けられます。

さらに障害者は一般的に昇給が難しいですが、障害に理解のある会社なら昇給制度を設けているでしょう。ずっとその会社で働き続けることで給料も増えます。

このように障害に理解のある会社で働くと精神障害者にとってメリットが大きいです。そのため仕事探しではその点を押さえておきましょう。ただ障害に理解のある会社を一人で探すのは難しいです。その場合はハローワークや転職エージェントなどを利用しましょう。

【2020年】障害者求人サイトのおすすめ5つを徹底比較!

この記事では、おすすめの障害者求人サイトをご紹介します! 求人サイトは数が多くて分からない 何を基準に選べば良いのか分からない おすすめの求人サイトを教えて! などの悩みをお持ちの方は多いのではないで ...

続きを見る

 

在宅で作業ができる仕事

在宅でできる仕事は精神障害者にとって一番働きやすい環境と言えます。

完全に自分のペースで作業ができ、周囲に人もいないので気にする必要もありません。体調が悪ければ仕事を休むこともできます。

精神障害者の仕事が続かない原因をほとんど解消できるので、在宅で作業ができる仕事はおすすめです。

具体的には、プログラマー・イラストレイター・Webデザイナー、ライター、オンライン秘書・経理、内職などが挙げられます。

自分に向いてる在宅勤務の仕事を探してみてください。

 

精神障害者の方におすすめの就職支援の施設

精神障害者におすすめの就職支援施設

精神障害者の方の「就職・転職の支援やサポート」をしてくれる施設は以下があります!

  • 転職エージェント
  • ハローワーク
  • 障害者就労支援センター

 

転職エージェント

転職エージェントでは職員にカウンセリングをすることで、自分の条件に合った仕事を紹介してくれます。

そのため転職エージェントを利用すれば就職後のミスマッチに遭う可能性を大きく減らすことができるでしょう。

中でも障害者に特化した転職エージェントは精神障害者の方におすすめです。障害者に特化した転職エージェントでは職員に障害の知識があります。

精神障害で困っていることを相談することで対処法や仕事探しのポイントを教えてくれるでしょう。

【2020年】障害者求人サイトのおすすめ5つを徹底比較!

この記事では、おすすめの障害者求人サイトをご紹介します! 求人サイトは数が多くて分からない 何を基準に選べば良いのか分からない おすすめの求人サイトを教えて! などの悩みをお持ちの方は多いのではないで ...

続きを見る

 

ハローワーク

ハローワークは国が運営する職業安定所で、障害者を含むさまざまな人の仕事探しをサポートしてくれます。転職エージェントのように職員に精神障害について話すことでおすすめの仕事を紹介してくれます。

ハローワークの場合は特に地元の企業に強いです。転職エージェントの場合は都市部の仕事を紹介される傾向があります。

精神障害者にとって、仕事を長続きさせるには通勤時間を減らすのも大切です。通勤時間を減らしたいなら地元の企業を紹介してくれるハローワークがぴったりでしょう。

 

障害者就労支援センター

障害者就労支援センターでは障害を持っている人に対して、仕事をする上で感じている不安などを相談できる場所です。働きたいと思っているけど思うように仕事が見つからない方の利用に適しています。

障害者就労支援センターの中には、実際にちょっとした仕事を職業訓練としてできる場所もあります。実際に会社で働く前に自分は本当に会社で働けるのか理解できるので、精神障害者に不安を抱えている方におすすめです。

【2020年】dodaチャレンジの評判は?リアルな口コミ・料金・特徴まとめ

今回は「dodaチャレンジ」の口コミ・評判や料金、特徴についてご紹介します。 dodaチャレンジは、障害者向けの大手求人サイトの1つで、求人数は約2,500(2020年7月現在)と業界でもトップクラス ...

続きを見る

 

まとめ

精神障害者の仕事が続かない理由

精神障害者の仕事が続かない原因はいくつかありますが、会社の空気に馴染めない、向いてない仕事をしている部分が大きいです。

特に会社が精神障害について理解してくれないと配慮をしてくれません。そのため精神障害者にとってストレスがたまりやすい環境です。

精神障害を持っている方は仕事を長く続けるためにも精神障害について理解のある会社で働きましょう。そうすると精神障害のことを考慮してくれるので、ストレスなく働けます。

ただそのような会社を一人で流すのには限界があるので、少しでも自分が理想とする会社に勤めるためにも就職の支援やサポートをしてくれる施設やサービスを利用すると良いでしょう。

【2020年】障害者求人サイトのおすすめ5つを徹底比較!

この記事では、おすすめの障害者求人サイトをご紹介します! 求人サイトは数が多くて分からない 何を基準に選べば良いのか分からない おすすめの求人サイトを教えて! などの悩みをお持ちの方は多いのではないで ...

続きを見る

【2020年】dodaチャレンジの評判は?リアルな口コミ・料金・特徴まとめ

今回は「dodaチャレンジ」の口コミ・評判や料金、特徴についてご紹介します。 dodaチャレンジは、障害者向けの大手求人サイトの1つで、求人数は約2,500(2020年7月現在)と業界でもトップクラス ...

続きを見る

 

-障害者の仕事

Copyright© 障害者求人サイトのおすすめランキング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.